戦争PVPサーバー BattleOfCrafter をオープンしました。
人が少ないので是非お友達誘って参加まってます!
2013/09/21:0.7.a 他プラグイン連携用に、WebAPIを提供
shadowadminaddon
 
response(String p) の p には、ログイン済みのプレイヤー名が入っています。
  図とは若干変更があります。詳しくは特設サイトをご覧ください


 ローカルプロキシーモード実装挑戦中(苦戦中)
 Q.それで何ができるの?
 A.例えば、Dynmapなどのように、ほかのブラウザで操作するようなアプリケーションを包むことが出来ます。
  包むというのは、このローカルプロキシーモードには、ログインを必須にする機能を実装しています。
  そのため、Dynmapを住民専用にすることも可能になります。
 PS:あくまで実装予定です。チャット、一行掲示板機能をすでに実装済みで、それにログイン機能がすでにあります。現在プロキシー部分を作成中です。




ShadowAdmin配布ページです。 
ShadowAdminは、管理を強化するための支援プラグインです。
Ver 0.6.x シリーズよりパーミッション設定にも対応しました。

接続元国の特定や、フリーズはもちろん、暴走しているレッドストーン回路の特定、沸いているモンスターや動物の数や位置の把握
ログの記録、PVP情報、持ち物検査、など、多種多様な作業がこれひとつで行えます。コマンドやオプションファイルでできる機能をご確認ください。

BukkitDevだけでダウンロード数5000件を突破。(ブログ上は計測不可能)
人気出てきているようです。




使い方、コマンド一覧はこちら


バージョンアップ

ストーカーモード。雨禁止モードなどを実装しました

復元機能を実装しました

更新履歴

0.1.0
  IPアドレスを元にユーザーの接続元回線の国を表示 (option.ymlで設定可能)
  チャットフォーマットの変更 (option.ymlで設定可能)
    私が推薦する国籍表示を追加した見やすい形のフォーマットに変更します
  あなたの存在をサーバーから消すステルス機能
    ステルス開始 : /sd hide
    ステルス終了 : /sd show
  特定ユーザーにテレポートまたは呼び出し
    移動する : /sd tp PlayerName
    呼び出す : /sd here PlayerName
  特定ユーザーに乗車
    乗る : /sd getin PlayerName
    降りる : /sd getout PlayerName
  特定ユーザーをフリーズ
    フリーズ開始 : /sd freez PlayerName
    フリーズ解除 : /sd unfreez PlayerName
  特定ユーザーをミュート
    ミュート開始 : /sd mute PlayerName
    ミュート終了 : /sd unmute PlayerName
    管理者のみミュート中の発言を表示 (option.ymlで設定可能)

0.2.0
  /sd tpto x y z
    Teleport Location
  /sd ents list
    Show Entity List in this world
  /sd ents tp A B
    Teleport to Entity A Number B
  /sd remove RADIAN
    Remove all Entity in Radian
  /sd log pvp 1/0
    Show PVP info TRUE:1 FALSE:0
  /sd log redstone 1/0
    Show Redstone Event TRUE:1 FALSE:0

  /sd invcopy PlayerName
    Inventory Copy By Player
0.3.0
  /sd itemname Name
  /sd chunkregenerate
  /sd spawn EntityType Num
  /sd spawn list
0.4.0
  追加コマンド
    /sd wps LocationName
    /sd wpt LocationName
    /sd wpl [page]
    /sd wpf String
  追加設定
    option.FOUND_BLOCK
    option.COMMAND_DETECTOR
    option.COMMAND_DETECTOR_CONSOLE
    logger.BLOCK_UPDATE
    logger.ITEM_FRAME
    logger.BLOCK_BURN
    logger.ITEM_USE_BLOCK
    logger.ITEM_USE_ENTITY
    logger.ENTITY_KILL
    logger.BUCKET
0.4.1
  ログ保存エラーが出ていたものを修正
0.4.2
  プレイヤー殺害アクションを11に指定
0.4.3
  [/sd]コマンドのみの場合エラーが出たものを修正
  /sd hide 1
  /sd show 1
  を実装(1:ハイド時にログアウトメッセージを表示,ログインメッセージを表示)
0.4.4
  /sd pickup 1/0
  アイテムを拾うことを有効/無効にします
0.4.5
  最適化
  SEND_SERVER_INFO の廃止
0.5.0.beta
  復元機能の実装
    /sd rollback [OPTIONS]
  ログをHTML出力するコマンドを追加
    /sd export [OPTION]
  クリーパーやTNT,ウィザースカルなど、爆発による破壊ログ
    logger.EXPLODE: true
  国ホワイトリストよりも、プレイヤーホワイトリストを優先するオプション追加
    option.PRIORITY_WHITELIST: true
0.5.0.beta2
  Bukkitの制限でプロキシー接続対策に利用していたSocket通信を
  HTTP通信に変更しました
0.5.0
  プロキシ対策に、情報収集サーバーへ接続する場合、Bukkitの規約で、
  利用の可否を設定で行えるようにする必要がありましたため、
  option.ANTI_PROXYINFO_SENDER を追加しました。
0.5.1
  コマンド
  ・チェストの中身を確認すると、開く音やアニメーションが発生してしまうため、
  「/sd dumc 1」コマンドを利用することで、実際の中身を変更することはできませんが、
  音やアニメーション無く中身を確認することができるようになりました。
  ・/sd stalkerモードを実装しました。指定したプレイヤーの視点になることができます。
  但し指定したプレイヤーが雪だまを投げるなどした場合、あなたに当たって投げれていない
  ことになってしまいますのでご注意ください。
  ・「/sd tpb」コマンドで、プレイヤーのベッドにテレポートができるようになりました
  ・「/sd setspawn」初期スポーンポイントを現在地に変更します
  設定
  ・option.SHOW_ENCHANTING: 誰かがエンチャントをした時に、その結果を表示します
  ・オートセーブを追加
  ・天候固定/限定設定を追加
0.5.2
  復元機能のバグを修正
    ネザーなど、別ワールドを復元に含めてしまい、半径が測定できずにエラーとなっていました
0.6.-1 (開発ビルド:非正式版)
  パーミッションを追加
    ほとんどのコマンドを許可
      ShadowAdmin.cmd
    復元コマンドも許可
      ShadowAdmin.rollback
  Webコントロールパネルを実装
    webcp.yml が設定ファイル
    server.enable: true   でサーバー機能を有効化
    server.port: でサーバー起動ポートを設定
    server.access_key: でログインするためのパスワードを設定
  chat.log_size: 300 でログを残す行数を設定
0.6.a2 (開発ビルド:非正式版)
  Webコントロールパネル
    POSTリクエストに対応
    Entities Map にアクティブチャンクを表示
    Entities Map のPlayerを名前と円で表示
    Entities Map の拡大率を変更可能に
    Web上からチャット投稿が可能に
0.6.a3 (開発ビルド:非正式版)
  放置感知機能を実装
    自動キックなど
  Webコントロールパネル
    Entities Map を作り直し
    WebMap を実装 (座標が-1の地域はバグあり)
    修正 : Webコントロールパネルが暴走する現象を解消しました
    パーミッションを追加しました。OPは全権限が自動で発生します。
      ShadowAdmin.all
      ShadowAdmin.cmd ==重要:これが無いと all 以外無効となります==
      ShadowAdmin.reload
      ShadowAdmin.tpto
      ShadowAdmin.hide
      ShadowAdmin.pickup
      ShadowAdmin.ents
      ShadowAdmin.remove
      ShadowAdmin.log_pvp
      ShadowAdmin.log_redstone
      ShadowAdmin.itemname
      ShadowAdmin.chunkregen
      ShadowAdmin.spawn
      ShadowAdmin.wps
      ShadowAdmin.wpt
      ShadowAdmin.wpr
      ShadowAdmin.wpl
      ShadowAdmin.export
      ShadowAdmin.rollback
      ShadowAdmin.dumc
      ShadowAdmin.stalker
      ShadowAdmin.p_invcopy
      ShadowAdmin.p_cjat
      ShadowAdmin.p_tp
      ShadowAdmin.p_tpb
      ShadowAdmin.p_here
      ShadowAdmin.p_getin
      ShadowAdmin.p_getout
      ShadowAdmin.p_freez
      ShadowAdmin.p_unfreez
      ShadowAdmin.p_mute
      ShadowAdmin.p_unmute
      ShadowAdmin.p_adv
      ShadowAdmin.p_srv
      ShadowAdmin.enc_show
      ShadowAdmin.wolfowner
      ShadowAdmin.rsdetect
      ShadowAdmin.pvdetect
      ShadowAdmin.cmddetect
      ShadowAdmin.fbdetect
      ShadowAdmin.afks
      ShadowAdmin.plugin
      == ShadowAdmin.all を利用の場合==
      除外するパーミッションを”-”を付けることで設定できます。
      設定例
        ShadowAdmin.all
        ShadowAdmin.-rollback
        ShadowAdmin.-export
        ShadowAdmin.-rollback
        ShadowAdmin.-plugin
0.7.a (開発ビルド:非正式版) ユーザーページ機能の作成 httpserver.yml が、設定ファイルとなります。 デフォルトのポート番号は8322です。80番にするとポート番号を省略できます。 public フォルダにHTMLなどのホームページ素材を導入すると、簡易ホームページとして動作します。 http://**YourDomain or IP**:8322/ /sd setpass password で、それぞれのプレイヤーが、自身のパスワードを設定できます。 ユーザーページ: http://**YourDomain or IP**:8322/user/ 他プラグインと連携を見込んだ物です。 他プラグインが対応することで、ユーザーページにそのプラグインのメニューを出し、ブラウザ上で操作が出来るようになります。 詳細は http://mc.satoimo.net/ でご覧ください。 アップデートチェックのサポートを終了(Bukkit運営側の方針による削除)